欠損補綴治療

ホーム > 東区トップページ > 欠損補綴治療

欠損補綴治療とは

欠損補綴治療は、永久歯を失ってしまった場合の治療法です。
治療法としては最もポピュラーなものは義歯治療になります。義歯とは、簡単にいうと入れ歯のことであり、これにもいくつかの種類がありますので代表的なものをいくつかご紹介します。

ブリッジ治療

ブリッジ治療は、歯を失った個所が比較的少ない場合に用いられる治療法の一つです。
ブリッジとは、その名のとおり、歯のない部分に橋を架けるように人工歯を入れるものです。イメージとしては、失った歯の隣接する歯を削って橋げたを作り、そこへ人工歯を橋のように入れるイメージです。健康保険の適用ができる治療となりますが一定の制約の下での適用となりますので、歯科医師とよく相談されることをお勧めします。

メリット

  • 装着した際に違和感が少ない
  • 噛む力もほとんど今までと変わらない

デメリット

  • 健康な歯でも隣接する歯を削る必要がある
  • 多くの歯を失っている場合は使用できない

義歯治療(部分入れ歯)

比較的多くの歯を失っている場合など、ブリッジ治療のできないケースでも対応できる治療法です。
部分入れ歯は、歯を失った部分の型を取り、そこに人工歯を入れます。歯の固定はバネで自分の歯に引っ掛ける仕組みになっています。こちらも健康保険の適用となる範囲がありますので、歯科医師とよく相談されることをお勧めします。

メリット

  • 健康な歯を削る必要がほとんどない
  • 治療期間が比較的短くて済む

デメリット

  • 初めて部分入れ歯を使う場合は違和感を感じるため、慣れが必要
  • 食べ物が詰まりやすい

総義歯治療(総入れ歯)

すべての歯を失ってしまった場合などに用いられる治療法です。
一般的に皆様が「入れ歯」という言葉から想像するのは、この「総入れ歯」ではないでしょうか?総義歯治療とは、その名のとおり全ての歯を人工歯で補う治療法です。 総義歯治療は大変デリケートな治療といえます。入れ歯を単純にお口に合うように型取して作り上げるだけで良いという訳ではありません。とりあえず入れ歯を作って、その後に調整すれば良いという考え方では、間違いなく良い入れ歯は作れないでしょう。
患者様が本当に満足できる総入れ歯をつくるためには、お口の中の健康状態も踏まえ、しっかりとした治療計画と情報収集を行い、幾つかのステップを踏む必要があるのです。 当クリニックでは、総義歯治療法「ドクター・カワラダ・デンチャー・システム」を推奨しています。何でも噛める総入れ歯を追及した治療法であり、「りんごを“丸かじり”できる」ことも特徴の一つです。

院長ブログ
東区のご案内 北山デンタルクリニック(東区)
札幌市東区東苗穂9条1丁目1-16
TEL:011-790-5388
診療科目
一般歯科治療、
欠損補綴治療、
歯周病治療、
小児歯科治療
義歯治療、
インプラント治療
診療時間
月・木
9:30〜13:00
14:00〜20:30
火・金
9:30〜13:00
14:00〜19:00

9:30〜13:00
14:00〜18:00

9:30〜13:00
休診日
日・祝日
駐車場
10台完備
アクセス
中央バス伏古13条
5丁目停留所から
徒歩1分

地図を見る

東区専用WEB予約フォーム

ページの先頭へ