歯周病治療

ホーム > 東区トップページ > 歯周病治療

歯周病治療とは

一般的に歯周病とは歯の表面につくプラーク(歯垢)によって歯肉が炎症を起こしたり、歯を支えている歯槽骨が破壊されたりする「歯の周りの病気」です。程度の差こそありますが、35歳を超えた方の8割以上が歯周病といわれています。
次に幾つかの項目を挙げてみますが、この中で思い当たる節がある方は歯周病の可能性がありますので、お口の健康診断などを受診されることをお勧めします。

  • ・歯を磨いたり硬いものを食べたとき、歯肉から出血する
  • 歯肉が赤く腫れたり、痛むことがある
  • 口臭が気になる、または口臭を指摘されたことがある
  • 歯がグラグラと動く感じがする
  • ・冷たいものを飲むとき、歯肉や歯にしみることがある
  • ・歯の間に食べ物がはさまりやすくなった
  • 歯肉が痒いと感じることがある
  • ・以前よりも歯が長くなったように感じる

歯周病のタイプ

歯周病を治療する場合は、まず、しっかりと検査を行なう必要があります。歯周病にも様々なタイプがあり、歯周病の程度によっても治療法が異なるためです。「プラーク(歯垢)の付着具合」、「歯肉の炎症の状態」「ポケットの深さ」、「噛み合わせの状態」、「歯槽骨の吸収状態」、「歯の動揺具合」などを中心に検査し、歯周病の状態と原因を突き止めることから始めます。
これらの状態が把握できたら、患者様と治療方針や具体的な治療の内容について話し合います。 ここで納得のいく治療法の取決め、実際の治療を開始することになります。

一般的な歯周病の治療の流れ

STEP1必要な場合は応急処置をします。

特に重症の場合などには処置治療を初めに行ないます。
投薬による炎症軽減、化膿部分の排膿などの治療がこれにあたります。

STEP2歯石除去・プラークコントロール指導

お口の中の歯石を除去するとともに、ブラッシングを中心とした患者様に合ったプラークコントロール方法を指導します。

STEP3再検査

歯石を取り除いてから一定期間をおき、歯肉の状態がどのくらい回復しているのか検査を行ないます。検査の結果、順調に回復している場合は、引き続きプラークコントロールを実践していただくことで歯周病は治るものと思われます。検査の結果、回復が思わしくなかった場合には、再度、治療法の確認を行ないます。この時に、再検査までの間、思うようにプラークコントロールが出来ていなかったり、歯石の取り残しがあった場合は、もう一度歯石除去を行い、プラークコントロールの実践をしていただき経過をみます。
歯肉縁下に歯石がついていることで炎症していると判断される場合には、この歯石を除去することになります。

STEP4歯石除去(歯肉緑下)

歯肉縁下の歯石を除去します。この時には痛くないように局所麻酔を使用します。歯垢や歯石によって歯肉縁下の歯根が傷んでいる場合には、この部分の治療も合わせて行なうことになります。
これらの治療を行なっても改善が見られない場合は、外科手術が必要になる場合があります。

STEP5外科手術(歯周外科手術)

これまでの治療で改善が見られなかった部分の歯肉を切開し、これまで目で確認することのできなかった歯根の先の歯石などを除去していきます。ここで、完全に歯石を取り除けるまで、念入りに行ないます。
※歯周病も重度になると外科手術により歯石を取り除いても改善が見られない場合があります。

STEP6メインテナンス

これまでの治療によって、歯周病が治ったといっても日々のメインテナンスを怠ると再び歯周病になってしまいます。
毎日の正しいブラッシングに加えて、歯科医院で歯の定期検診を受けるなど、お口の健康に気をつける習慣をもってください。

院長ブログ
東区のご案内 北山デンタルクリニック(東区)
札幌市東区東苗穂9条1丁目1-16
TEL:011-790-5388
診療科目
一般歯科治療、
欠損補綴治療、
歯周病治療、
小児歯科治療
義歯治療、
インプラント治療
診療時間
月・木
9:30〜13:00
14:00〜20:30
火・金
9:30〜13:00
14:00〜19:00

9:30〜13:00
14:00〜18:00

9:30〜13:00
休診日
日・祝日
駐車場
10台完備
アクセス
中央バス伏古13条
5丁目停留所から
徒歩1分

地図を見る

東区専用WEB予約フォーム

ページの先頭へ