小児歯科治療

ホーム > 東区トップページ > 小児歯科治療

小児歯科治療とは

小児歯科治療は、一般的に子どもの「虫歯の予防と治療」「歯周病の予防と治療」「歯ならびの治療」などが中心となる治療です。
一般歯科治療と大きな違いはないように見えますが、大人とは違うケア・気配りが必要になる専門的治療となります。 例えば、子どもは大人以上に治療に対して大きな不安を感じ、場合によっては大声で泣いてしまうこともありますので、歯科医師やスタッフの子どもに対する接し方、対応のノウハウが良い治療を行なえるかの鍵ともなるのです。

予防治療

小児歯科治療では、歯の治療はもちろんですが、予防(お口の健康を保つ)治療を行なうことが大きな役割でもあります。
乳歯は虫歯になると、あっという間に進行が進んでしまいます。歯が痛くなってから虫歯を見つけたときにはずいぶんと大きな虫歯になっていることがほとんどです。 そこで、虫歯にならないように予防を行なうことが大切になります。
乳歯は顎の発育にも関係があり、また、永久歯が生えて来るのを誘導する役割も持っています。乳歯だからといっても虫歯や歯周病にならないように注意してあげることが、将来健康な歯でいるためにも大切なのです。

当クリニックではお子様の歯の健康診断を始め、正しいブラッシングの指導なども行なっております。虫歯の無いときから、ご両親と一緒になってお子様のお口のケアを行い、丈夫で健康な歯を育てていきたいと考えております。

年齢別虫歯予防法

乳歯が生え揃う前(0~1歳)

・砂糖を含んだ飲料や、酸性度の強い飲料などはできるだけ避ける。
・歯が生え始めたら食事の後に湿らせたガーゼなどで歯と歯肉を拭くと良い。
・親に歯磨きしてもらってから寝るという習慣をつける。

乳歯が生え揃う頃(2~3歳)

・子ども自身で歯磨きを始めさせる。ただし、8歳頃までは親による仕上げ磨きを行う。

乳歯が生え揃った後(4~5歳)

・歯磨きを習慣づけ、フッ素入り歯磨き剤を使用する。
・おやつを食べる時間と場所を決める。
・かかりつけの歯科医院を見つける。
・フッ素を塗布する。

永久歯が生え始める頃(6~9歳)

・噛み合わせを決める大事な歯の第一大臼歯が虫歯にかかりやすいので注意。
・正しいブラッシング法を教える。
・シーラント(奥歯の溝を合成樹脂などで埋める方法)なども利用する。

永久歯と混合する頃(9~11歳)

・正しいブラッシング法、ブラッシング圧を教える。
・デンタルフロスの使い方を教える。
・プラーク(歯垢)などの歯の知識や、間食を含む食事の正しいとり方を促す。

永久歯が生え揃った頃(12~16歳)

・歯垢、歯石や歯周病の知識など、健康について理解させる。

院長ブログ
東区のご案内 北山デンタルクリニック(東区)
札幌市東区東苗穂9条1丁目1-16
TEL:011-790-5388
診療科目
一般歯科治療、
欠損補綴治療、
歯周病治療、
小児歯科治療
義歯治療、
インプラント治療
診療時間
月・木
9:30〜13:00
14:00〜20:30
火・金
9:30〜13:00
14:00〜19:00

9:30〜13:00
14:00〜18:00

9:30〜13:00
休診日
日・祝日
駐車場
10台完備
アクセス
中央バス伏古13条
5丁目停留所から
徒歩1分

地図を見る

東区専用WEB予約フォーム

ページの先頭へ