麻酔(静脈鎮静法)

ホーム > 中央区のご案内 >麻酔(静脈鎮静法)

IVS(静脈内鎮静法)とは

歯科治療に対して「痛い」「怖い」「治らない」という感情をお持ちの患者様は多くおられます。とくに過去の治療で嫌な思いをされた方は、歯科医院に足を運ぶことにたいへんな苦痛を伴うようです。
そこで当クリニックでは、『IVS』(静脈内鎮静法)という鎮静状態にする静脈注射を使用し、患者様の治療中のストレスを大幅に軽減することに努めています。

IVSを使用すると、患者様にとって以下のようなメリットがあります。

メリット

  • 緊張感や恐怖心、嘔吐反射などを抑制できる
  • 治療中はウトウトと眠っているような状態になるが、コミュニケーションはしっかりとることができる
  • 1~2時間の治療が20~30分ほどに感じられる
  • 健忘効果により、治療後には治療の際の記憶が残っていない(「治療の開始と終了がいつなのかわからなかった」「記憶がぼんやりしている」いう患者様もいる)

IVS(静脈内鎮静法)を使用する治療

適切な治療を可能にしながら、患者様のストレスを大幅に軽減できる『IVS』は、インプラントドクター・カワラダ・デンチャー・システムの施術中はもちろん、歯を削る際や抜歯の際にも使用します。嘔吐反射が生じないため、型取りに苦痛を感じる方にも最適な方法です。
なお、IVSを使用する際には、歯科麻酔科医が立ち会うので、ご安心ください。

院長ブログ
中央区のご案内
札幌市中央区北三条西2丁目12-1
STV北三条ビル5F
TEL:011-242-3580
診療科目
審美歯科治療
義歯治療、
インプラント治療
診療時間
水・金・土・日 
9:30〜13:00
14:00〜18:00
休診日
月・火・木
駐車場
無し(近隣にコイン
パーキング有)
アクセス
JR札幌駅南口から
徒歩7分、
地下鉄さっぽろ駅
22番出口から徒歩1分

地図を見る

中央区専用WEB予約フォーム

ページの先頭へ