一筆啓上

2010年 9月

 皆さん、こんばんは。院長の北山です。

 またまたご無沙汰しておりました。

 ひとりですと、やはり、忙しいですね。誰か勤務の先生いないかな?

 さて、いよいよ覚悟の瞬間の収録の日が、せまってきました。

 内容、何もきめていません。今日から、考えます。

 いろいろとためらいがありましたが、覚悟の瞬間に出ることが、

 まさに覚悟の瞬間なのかもしれません。

 出演の理由は、ひとつです。川原田先生の思い、そして、歯科医療の

 ますますの発展を願うということです。

 担当の方から、「ブランディング」というお話をいただきました。

 ネットで、調べますと、マーケッティング用語です。

 ブランディングとは、企業が顧客にとって価値のあるブランドを構築するための活動を指します。『戦略的ブランド・マネジメント』の著者ケビン・レーン・ケラーによれば、「ブランディングは精神的な構造を創り出すこと、消費者が意思決定を単純化できるように、製品・サービスについての知識を整理すること」と定義されます。このことはブランドの法的所有者は企業であっても、実際にブランドの価値は、個々の消費者の頭・こころの中に所有されていることを示していると言えます。また、ケラー氏は「ブランディングにとっての鍵は、ある製品カテゴリー内で消費者が知覚するブランド間の差異である」としています。この視点で捉えると、ブランディングとは、ロゴやブランド・ネーム、パッケージなどのブランド要素と、差別化されたブランド価値を結びつける連想を、消費者の頭・こころの中に育んでいく活動であると定義できます。

 なるほど、要するに信頼、信用度をあげるということですね。

 「日本の歯科医療の真実」「インプラント治療」

  そして、「義歯治療とカワラダデンチャーシステム」

 出演されている方は、日本の業界を代表する方々ばかりです。

 特に東京を中心とした関東エリアの方がほとんどで、

 正直、北海道の片田舎から何を伝えられるのか、わかりませんが、

 自分が、やってきたこと、また支持、協力してくれたたくさんの方、

 そして、患者さんへの感謝の意味をこめて、お話してきます。

「北海道にこんな変なやつがいるんだ」と思っていただければ、幸いです。

 覚悟の瞬間のホームページです。

 http://www.kakugo.tv/index.php

 ちなみに業界の方は、歯科界を代表する方々ばかりで、(銀座とか、青山とか

 埼玉とか)

 私に候補があがったのは、とても不思議ですが、

 見ている方からのリクエストがあったそうです。

 楽しく、頑張ってきます。

 今日、中村美彦さんの歯で思ういろいろ(4)をアップしました。

 こちらも見ていただけるとうれしく思います。

 http://www.kitayama-dental.com/cgi-bin/diary/diary.cgi?news_det=1285845917 
 
 ありがとうございます。

 皆さん、こんばんは。院長の北山です。

 またまたご無沙汰しておりました。

 ひとりですと、やはり、忙しいですね。誰か勤務の先生いないかな?

 さて、いよいよ覚悟の瞬間の収録の日が、せまってきました。

 内容、何もきめていません。今日から、考えます。

 いろいろとためらいがありましたが、覚悟の瞬間に出ることが、

 まさに覚悟の瞬間なのかもしれません。

 出演の理由は、ひとつです。川原田先生の思い、そして、歯科医療の

 ますますの発展を願うということです。

 担当の方から、「ブランディング」というお話をいただきました。

 ネットで、調べますと、マーケッティング用語です。

 ブランディングとは、企業が顧客にとって価値のあるブランドを構築するための活動を指します。『戦略的ブランド・マネジメント』の著者ケビン・レーン・ケラーによれば、「ブランディングは精神的な構造を創り出すこと、消費者が意思決定を単純化できるように、製品・サービスについての知識を整理すること」と定義されます。このことはブランドの法的所有者は企業であっても、実際にブランドの価値は、個々の消費者の頭・こころの中に所有されていることを示していると言えます。また、ケラー氏は「ブランディングにとっての鍵は、ある製品カテゴリー内で消費者が知覚するブランド間の差異である」としています。この視点で捉えると、ブランディングとは、ロゴやブランド・ネーム、パッケージなどのブランド要素と、差別化されたブランド価値を結びつける連想を、消費者の頭・こころの中に育んでいく活動であると定義できます。

 なるほど、要するに信頼、信用度をあげるということですね。

 「日本の歯科医療の真実」「インプラント治療」

  そして、「義歯治療とカワラダデンチャーシステム」

 出演されている方は、日本の業界を代表する方々ばかりです。

 特に東京を中心とした関東エリアの方がほとんどで、

 正直、北海道の片田舎から何を伝えられるのか、わかりませんが、

 自分が、やってきたこと、また支持、協力してくれたたくさんの方、

 そして、患者さんへの感謝の意味をこめて、お話してきます。

「北海道にこんな変なやつがいるんだ」と思っていただければ、幸いです。

 覚悟の瞬間のホームページです。

 http://www.kakugo.tv/index.php

 ちなみに業界の方は、歯科界を代表する方々ばかりで、(銀座とか、青山とか

 埼玉とか)

 私に候補があがったのは、とても不思議ですが、

 見ている方からのリクエストがあったそうです。

 楽しく、頑張ってきます。

 今日、中村美彦さんの歯で思ういろいろ(4)をアップしました。

 こちらも見ていただけるとうれしく思います。

 http://www.kitayama-dental.com/cgi-bin/diary/diary.cgi?news_det=1285845917 
 
 ありがとうございます。

 9月17日から19日まで、札幌で、日本口腔インプラント学会がありました。

札幌に3000から4000人ほどの歯科医師の先生方がいたみたいです。

 坪井先生は、テーブルクリニック、ハンズオンで来ていまして、

 18日、札幌坪井塾、20日にライブオペを行いました。

 TSKトータルソルューション京都インプラント塾のホームページが

 できました。ご興味のある先生、ご連絡お待ちしています。

 次回は、11月13日、14日の予定です。

  http://tsk-implant.com/
 
 お申し込み、お問合せ先
 http://tsk-implant.com/tsk/admission.html

 DSCF1771

DSCF1780

 皆さん、こんばんは。院長の北山です。

 昨日、今日と安保先生のお話を聞き、やはり、本物は、すばらしいですね。

 まだまだ、少数派ですが、病気でお困りの方、悩んでいる方には、

 お薦めの本です。

 免疫革命以来の安保先生の集大成の本です。

 人が病気になるたった2つの原因・・・ それは、低酸素、低体温。

 人類はついにガンも克服した。

 100年に一度の大発見!!

 とてもわかりやすい本ですよ。

 安保先生に会えたことは、今後の自分にとっても、大きな心と体の栄養に

 なりました。

 またたくさんの情報もいただきました。ありがたいことです。

 皆さん、こんばんは。院長の北山です。

 今日、安保先生とウォン・ウィンツァンさんを囲んでの

「心とからだ 豊かに幸せに潤す夕べ」に参加させてもらいました。

 とても楽しいお食事とひと時を過ごさせていただきました。

 ありがとうございます。

 安保先生からは、やはり、ひとの体の本質を教えていただき、病気やけがを

 したときの治療やお薬のお話からはじまり、今の時代がどういう状態にあり、

 ひとはどういう方向に向かうのか、そして、感性を大切にすることが、

 一番だということでした。

 まじめで、やさしくて、勉強熱心で、しかも愛情たっぷりでも、

 実は、相手がどう考えていたのか、どう思っていたのか、わかっていない、

 気づいていないことが多いそうです。

「つらい治療」が多いのが、現代医療かもしれません。

 少し、抜けていて、ふまじめなほうが、言い方を変えると、相手の目線、立場で

 考えると、意外と早く気づくことがあるかもしれませんが、

 頭のいいひとが、たくさん集まると、難しいみたいともおっしゃっていました。

 ものの本質、病気の本質が、やる側にもわかるといいのですが、

 自己満足の世界にひたる時代なんでしょう。

 ウォンさんは、超おもしろい方です。実は、あまり知らず、ネットで検索すると、

 すごい方なんですね。

 おふたりの明日の講演会が、とても楽しみです。

 もうひとり、違う分野の方も加わり、三人のコラボだそうです。

 自分の感性を大切にし、少しふまじめ、抜けているほうが、ものの本質は、

 見えてくるのかもしれません。

 いずれにしても、行動、実践ですね。

 感謝、感謝・・・・