一筆啓上

2010年 8月

  皆さん、こんばんは。院長の北山です。

 覚悟の瞬間に出ることになりました。いままでもいろいろとありましたが、

 本当に自分がやりたいこと、伝えたいことが、うまく表現できていなかった

 かもしれません。

 これを機会に自分の考え、アイデアを伝えていければと考えています。

 でも、ひとりでは何もできません。

 まわりの応援、支援、支えがあって、自分があります。

 感謝と謙虚さを忘れず、精進していきたいです。

 まわりから、評価されるための一番、大切な事は、

 やはり、素直、正直、誠実、そして、思いやりです。

 最近、できていない自分に反省の毎日です。

 人生、何回も覚悟の瞬間がありました。

 大切な事は、やはり、「ありがとう」の感謝です。

DSCF1689

 

 

 昨日の深夜番組の出演で、札幌に来ていた田原 総一朗さんに

 東京に帰る前に会う機会をいただきました。

 短い時間でしたが、とても有意義な時間でした。

 ありがとうございます。感謝します。

 昨日の深夜番組、「朝まで生討論」を見ていまして、今、とても眠いです。

 それにしても田原さんは、20年前と変わらず、鋭い切り口で、パネリストの方

 の本音を聞きだすところは、本当に感銘しました。

 生涯、現役ですね。朝生の内容のアドレスです。

 最近、twitterというものを知りましたが、何か楽しい感じがしますね。

 http://www.htb.co.jp/asanama/#panelist
 

 http://twitter.com/namatahara 

 歯科のお話も少ししていただき、かみ合わせは、とても大切ですね、

 とコメントをいただきました。

 これからも精進です。

 実は、24日(火)も札幌に来る予定になっていて、お話ができる時間を

 いただきました。とても楽しみです。

DSCF1690

 

 皆さん、こんばんは。院長の北山です。

  今日、札幌坪井塾、第2回目が開催されました。

 坪井先生のグローバルな客観的な科学的インプラント治療の講演に

 集まった皆さんの熱いまなざしと納得いく内容に十分に満足していました。

 今、日本では、即時負荷が、トレンド、ブームになっていますが、世界での

 コンセンサスは、one of them だそうです。

 個々のケース、患者さんは、みんな同じではないのに、ひとつの治療法で、

 すべてができるというのは、やはり、あやしいものがあります。

 まずは、歯を残す治療に最善を尽くすのが、歯科医であり、またインプラント

 治療の前に義歯治療に最善を尽くすのが、歯科医であります。

 今日もとても勉強になりました。

DSCF1504DSCF1505DSCF1562