一筆啓上

2010年 1月

 皆さん、こんばんは。院長の北山です。

今日は、午前中、インプラントのオペをしまして、午後、レセプト提出してきました。

 CD2枚です。とても違和感ありましたが、これで、おしまい。

 実は、今月、提出分は、試験をしまして、大丈夫であれば、来月から、CDのみです。

 おそらく、3月くらいからは、オンライン化ができるよう、考えております。

 費用もぐっとおさえて、ウルトラCを予定しております。

 とても楽しみです。

 従来の紙は、4日前に宅配しました。いままで、支払い基金、国保連に伺い、

 提出していましたが、オンラインだととても楽ですよね。

 
 個人情報は、とても大切なところですが、ネット、携帯の時代が普通になっています

 ので、頭は、柔軟に対応したいと考えております。もっと言いますと、他業種から、

 かなり遅れをとっているのが、現状です。

 まだ全国で、0,5%(平成21年10月現在)と言うことは、本当に始まり

 なんですね。

 最近の日本人は、自分も含め、めんどくさいことを嫌いますので、というか、

 働きものなので、「早い、安い、うまい」と言うことは、本当に求められている

 ことをいろんなところで、感じる今日、このごろです。

 ただ、大切な心の部分を忘れているのは、自分も含めて反省しなければいけない

 といつも、考えております。

 皆様、新年明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 今日、平成21年12月分レセプト電算化処理をしました。

 とても早いです。社保1分、国保1分です。紙だと総括表を含めて、いつも

3時間ほどかかっていたのが・・・・・・

 難しくありません。今月、試験をしまして、来月から、CD-R2枚です。

 考えかたの問題もありますが、頭は柔軟にやっていくほうが、あとあといいですね。

 来月、レセコンの説明会をすることになりました。

 買い替え、また今のレセコン業界、歯科IT化のお話を聞きたい方は、ぜひ参加して

みてください。北海道には、なかなか情報が入ってこないので、中央の考え方を

聞けると思います。

 

夢のレセプトコンピューター北海道上陸
歯科用カルテレセプトシステム「Power4G」北海道説明会
 

長く私たち歯科医師が求めていたレセコンが誕生しました。
 3月31日までの電子レセプト対応助成金(最大50万円)が活用できます。

 日時 平成22年2月14日(日)午前10時~12時
 場所 北海道歯科医師会館 2F 視聴覚室
 参加資格者 北海道歯科医師会会員
 参加費  無料

説明解説者 有限会社 リアルハート
      代表取締役社長 小川 慶子氏  

北海道版最新バージョン導入医院   
札幌市東区開業 北山デンタルクリニック 院長 北山 康則
推薦文
現在、約100社あるといわれるレセコン会社の中で、信頼度、高評価を得ているのが、約2,30社です。開業以来8年、N社を利用し、約800万円の費用がかかったことに何の疑問も持ちませんでした。昨年11月に専務の原野氏からお話を聞き、安価で、高評価を得ているPower4Gを昨年12月に導入し、2月から電算化、そしてオンライン化を予定しています。性能は、安いにもかかわらず、とても使いやすく、他メーカーの機能に劣らずトップレベルです。しかも買い替え不要、生涯、保守料金で、改正、バージョンアップ、電算化、オンラインができるトータルコストは、おそらく業界内では、一番と思います。
 そして、最大の魅力は、他メーカーの過去データを移行できることに成功したことです。
これは、通常あり得ないことですし、歯科IT業界の革命でもあります。
 レセ電算化の請求件数は、医科67,8%、調剤99,8%、歯科0,5%という現在、
平成27年までの猶予があるにしても、いずれ考えないといけないことです。
 歯科医師側に立つ「Power4G」のすばらしさ、また今、現在のレセコンをとりまく環境と現状、そして、歯科IT化の未来のお話をぜひ聞いてみてください。私は、目から鱗が落ちるほど、真実の世界に出会いました。
 

                 北山デンタルクリニック  北山 康則

 今、歯科は、0,5%です。これは、何を物語るのか。

つまり、メーカーは、実は、何も着手していなかったということです。

電算化するためには、当然、システムのバージョンアップが必要となり、

やはり、費用はかかるはずです。

 デンタルシステムズ株式会社の「Power4G」は、違います。

 ホームページアドレスは、こちらです。

 http://www.dentalsystems.jp/

 助成金をうけると、100万円を切りました。

 通常、他メーカーですと、250万円かかるところを

 130万円台です。

 性能は、安価にもかかわらず、他メーカーに負けず高性能、しかも

 とても使いやすく、買い替えが不要。

 保守料金内で、改正、電算化、オンラインができる、うそのような

 本当のお話です。

 こちらが、チラシの内容です。

http://www.dentalsystems.jp/news/jyoseikinn1.pdf

 皆さん、ぜひホームページを見てみてください。

 これは、歯科レセコン業界の革命です。