一筆啓上

2009年 5月

 皆さん、こんばんは。院長の北山です。

 8月2日に北海道で、カワラダデンチャーシステム臨床報告会をやることに

なりました。

 平成12年の9月に1度、川原田先生にかえで歯科に来ていただき、患者さんを見て

いただき、セミナーをしたのがなつかしく思い出されます。

 4,5年前に計画し、ようやく実現します。

 一般のひと、いわゆる市民のかたも参加できますので、ご興味のあるかたは

ご連絡ください。参加、無料です。

 案内文を載せておきます。

 カワラダ デンチャーシステム臨床報告会のご案内

百年に一度の不況、新型インフルエンザの世界的流行等々、余り嬉しくないことの多い世の中ですが、我が国は長寿の先頭を走る国になりました。それならば命尽きる瞬間まで快適な人生にしたいものです。医学の進歩や衛生観念の向上で、肉体は長持ちするようになったのですが、歯の寿命はかなり後れを取っています。今やお口の状態が生活の楽しさを左右すると言って過言ではないようです。
歯がなくても、何でも安心してよく噛める入れ歯で、いつまでも若々しく快適に過ごして頂けるお話を聞いて下さい。皆様のご来場を心からお待ち致しております。

                 カワラダ歯科・口腔外科院長/平成歯塾塾長
                             川原田 幸三

日 時:平成21年8月2日(日) 10:00~16:30

場 所:北海道歯科医師会館大講堂
    札幌市中央区北1条東9丁目11番地  

定 員:100名

参加費:歯科医師 1万円
     歯科技工士、歯科衛生士、歯科助手、歯科学生、一般  無料

演者 講演内容
川原田 幸三先生 : 『作りようで“よく噛める入れ歯”は必ずできる!
          ~カワラダデンチャーシステムはよく噛める入れ歯の製作法~』
川原田美千代先生 : 『よく噛める入れ歯で快適な人生を!
          ~自分のニーズに合わせて賢く歯の治療をしてもらいましょう~』
諏 訪 裕彦先生 : 『骨粗鬆症治療薬ビスホスホネート服用者の歯科治療』
川原田 幸司先生 : 『咬合高径の決定法と総義歯人工歯の選択』

臨床報告 演者  : 札幌 北山康則先生  木村貞久先生   
東京、大阪、北海道、茨城、愛知、兵庫、岡山でご開業の過去、受講した先生方(予定)

川原田 幸三先生をご紹介します。
ここ2,3年、世界、日本の歯科医療を見てきました。欠損補綴の第一選択肢はインプラントで、義歯の臨床、研究はもう終わってしまった感があります。それは義歯の機能回復には限界があるからです。
日本の超高齢化社会、日常臨床を見ると、圧倒的に義歯治療が多いと感じるのは私だけでしょうか。
義歯治療にも基本がありました。川原田先生の手法は、治療効果が出やすく、患者さんの満足は絶大です。患者さんのお困りの点を早期に解決できるために、患者さんから「魔法にかかったみたい」「詐欺師じゃないかしら?」とも言われるこの手法をぜひ一度、聞いてみてください。実は、基本に忠実な治療法でした。おそらく入れ歯作りが楽しくなると思います。
                         平成12年 KDS25期卒
               北山 康則

 問い合わせ・申し込み先: 北山デンタルクリニック 担当 三澤
               TEL 011-790-5388  FAX 011-790-5387
               E-mail y-kitayama@kitayama-dental.com

【参加申込】FAX 011-790-5387 北山デンタルクリニック 担当 三澤

                   □歯科医師  □一般
ご芳名                □コ・デンタルスタッフ

医院名

ご住所 医院 〒
   
    ご自宅 〒

TEL      FAX       E-mail

 

 皆さん、こんばんは。院長の北山です。

今日は子どもの日、子どもといっしょにルスツ高原に行ってきました。

天気がよく、絶好のドライブ日和で、久しぶりに楽しいひと時でした。

 月刊クオリティさんとお付き合いしてもう長くなりましたが、今月発売の6月号も

「歯の衛生週間」の特集で、記事を載せていただくことになりました。

 ありがとうございます。

 正直なところ、掲載はもういいかなと実は思っているのですが、担当者のYSさんに

ほれてしまったというのもあり、掲載の案内をいただくたびに、今回も載せましょう

かという運びになります。

 何って言うんでしょうか、話が合うんですね。ひととして、ずるくなく、素直で、

純粋。しかもたんたんとしていて、こちらの思いに対して、熱心に聞いてくださる、

表裏のないひとです。

 道民雑誌「クオリティ」、昔から地味な雑誌だなあ(ごめんなさい)と思って

いましたが、正確にしかも誠実に伝えてくれていることにいつも感謝です。

 やはり、心のいいひとには、惹かれるんでしょうね。

 最近、京セラの稲盛和夫名誉会長の本を読ませていただいております。

 一番のお勧めは、「成功と失敗の法則」

 二番目は、最近出ました「働き方」

 この本の中で、働く事は、万病の薬と書いてありました。

なるほど、そうかもしれないと感じました。

 また、手掛けたことは、100%成功しますと書いてありました。

これは、成功するまで、やり続けるので、必ず成功するみたいです。

 ようやく、川原田幸三先生のおっしゃる100%成功しますという意味が

わかりました。成功者は語るんですね。

 まだ戦争があり、食べ物もなく、餓死していくひとは、たくさんいる世の中ですが

、自分に与えられたこと、ものを大切にもっともっと精進していきたいです。

 忙しくなると、不平、不満、愚痴がまだまだ出てしまいますが、やさしさと

人格者を忘れずに反省と実践、行動していきます。

 言うことも大切ですが、実践、行動ですよね。

 実践、行動が伴わず、実は、ブログもご無沙汰してしまいましたが、あまり、

力を入れず、楽しくいきたいと考えております。

 今、振り返ってみると、歯科医師になれてとてもよかったと思います。

25年以上前ですが、歯科の道を応援、支援してくれた周りのかたに改めて感謝です。

 本当にうれしいですね。

 そう言うのも不器用で、世間一般の常識の足りない自己嫌悪の強い性格で

あったからです。

 それにしても、稲盛会長のお言葉は、やはり、明快で、いままで悩んでいたことが

全部、晴れたという感じです。

 皆様もご一読してみてください。やる気、根気、元気がでます。

また、相手に対する思いやりもさらに芽生えてきます。

 自分がそうでした。

 明日も楽しく、ブログ続けたいと思います。

 お休みなさい。